Webの最新トピックを配信中!

新人Webデザイナーにとってベストな会社の3つの基準


せっかく学校や独学でWebの知識を身に着けても、自分と合わない会社に入ってしまえば、実力を発揮できないままです。僕の経験を踏まえて、新人Webデザイナーにとってベストな会社・職場とはどんなものか3つの基準を解説してみます。

1. まずはWeb制作会社に入ろう

Webデザインのスキルを高めたいなら、まず最初に入る会社は「事業会社」ではなく「Web制作会社」です。Web制作会社は、Web制作を専門とする集団なので、Webの知識が豊富なスタッフが多く、最新のトレンドを反映したサイト構築ができる環境です。まずは、ここでしっかりとWebのスキルを磨きます。

2. 先輩Webデザイナーが十分にスキルがあり適度に優しい

もうこれです。これが一番重要です。デザインならデザイン力、コーディングならコーディングのスキルを十分に持つ先輩がそばにいて、適切なフィードバックをしてくれること。

特に新人の場合、デザインもコーディングも的確なアドバイスをしてくれる人がいないと、なかなか成長できません。僕も入社したばかりの頃は、平気でゴミレベルのデザインを意気揚々と先輩に提出していたものです。先輩は優しくて、はっきりとダメな部分を指摘してくれることもあったし、こちらに考えさせてミスに気づかせるように教えてくれる時もありました。
コーディングやJavaScriptも、我流ではうまくなりづらいです。効率的な書き方や他の人にとってもわかりやすいコードの書き方を覚えるためにも、チェックをしてくれる存在は必要だと思います。

なかなか求人情報だけでは、そんな先輩がいるかどうかを見抜くのは難しいですが、転職エージェントの担当者に聞いてみたり、面接でそれとなく確認(社内で勉強会とかやってますか?的な質問)してみることをオススメします。

3. スタッフが最新の手法を積極的に取り入れているか勉強している

古い定番のコーディング手法やデザインのトレンドに囚われて仕事をしていると、世の中のスタンダートからいつのまにか置いて行かれてしまいます。クライアントから「こんなサイトを作りたい」と言われても、「いや、うちそんな技術ないっす…」ということが実際あります。
社内に、研修制度があったり、スタッフが積極的に最新の技術やトレンドを吸収しようとしているかが、自分に大きな影響を与えるので、求人情報やエージェントに確認したり、面接で聞いておくのがよいです。

もちろん入社したばかりの頃は、最新のテクニックよりも何より基本をしっかり押さえることが先決です。でも、しばらくして慣れてきたら、いまWebの最先端では何が起こっているのかをキャッチアップしていくことをオススメします。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ