Webの最新トピックを配信中!

主婦が未経験からWebデザイナーになるための方法

主婦
お子さんのいる主婦の方は、仕事では残業はしづらく、お子さんの体調によっては急にお休みを取る必要も出てくると思います。

この忙しい状況のなかで、Webデザイナーになるには、どうやって短期間でWebデザインを勉強するのか、どうやって実務経験を積むか、の2点が重要になってきます。一緒に考えてみましょう。

ママ向けのWebデザインスクールに通うor独学

正直に言って、お子さんがいる状況でWebデザインを勉強するのはかなり大変です…。育児や家事の合間に勉強時間を確保する必要があります。このサイトでは無料の職業訓練と求職者支援訓練をオススメしていますが、期間が3〜6ヶ月と長期間なのでママさんだと通いづらいと思います。

ママ向けのWebデザインスクールに通う

職業訓練に通えない場合は、ママ専用のスクール『Famm』がオススメです。授業は自宅でオンラインで受講可能で、授業中になんとシッターを自宅まで手配してくれます。他にこんなスクールは無いです笑。受講期間は短くて1ヶ月で全5回、授業時間は平日10〜13時です。下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。僕は男性ですが授業を見学させてらもらいました。
怪しい?ママ向けWebデザインスクール『Famm』をプロが徹底解説!評判と口コミも一挙紹介

独学で頑張ってみる

スクールの方が効率的に学べるし学習のモチベーションも維持しやすいですが、まずは独学で頑張ってみるのもアリです。現在はUdemyやProgateなど、Webデザインを独学できる教材がかなり充実しています。下記の記事で独学方法をがっつりまとめているので、独学に興味のがある方は読んでみてください。
独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド

フリーランスになる場合:ココナラやランサーズを活用し案件を獲得

スクールや独学を経て、副業としてあるいはいきなりフリーランスとしてWeb制作案件を獲得するには、まずはココナラランサーズを活用することになります。ココナラに自分のアカウントを作って仕事を受注するのです。

ただ、はっきり言ってレッドオーシャンです…。今はWebデザイナーになりたい人が多いので、競合が多くてなかなか受注できないし、報酬単価も低くなりがちです。なので、最初は案件を獲得するのは少し大変だと思っておいた方が良いです。Fammの場合は、ココナラを使った案件サポートをやっているので活用してみてください。

定期的にお仕事をくれる太いお客さんと繋がれるとラッキーです。適切な報酬を提示してくれて対応も丁寧なお客さんに出会えるかが肝ですね。そういうお客さんが数人いると、月の収入が安定してきます。

会社で働く場合:事業会社か派遣の選択を

Webデザイナーとして就職する場合は、Web制作会社か事業会社のどちらに就職するか迷うことになります。いまは未経験で、お子さんがいる状態ですと、Web制作会社に入るのはやや現実的ではありません。。
最近こそ電通の事件によって制作会社でも残業は減りつつありますが、それでもやはり激務で残業は多く週5日勤務が普通です。
業界自体の歴史も浅く、会社も中小どころか零細企業も多いため、育児についての理解もあまり無いと思ったほうがいいです。

もちろん残業が無く、時短勤務やリモート作業が可能なWeb制作会社が見つかればベストです。そこに入りましょう。そのような会社が見つからない場合は、次の2つの選択肢になると思います。

主婦の方がWebデザイナーとしての実務経験を積む一般的な選択肢としては
1. 事業会社で成長できそうな環境で働く
2. 派遣で成長できそうな環境で働く

この2つだと思います。

1. 事業会社で正社員のWebデザイナーとして働く

事業会社は規模が大きければ制度も整備されているので、時短や自宅作業に対する理解がある場合が多いです。

実は、僕も現在は小規模なアパレルの事業会社で週3日だけ業務委託契約で働いています。会社は女性が大多数で育児への理解があり、まだ1歳くらいのお子さんを持つお母さんもいて、たまに会社にお子さんを連れてくることもありました。

制度的には安定している事業会社ですが、Web専門の企業ではないので、優れた先輩デザイナーやフロントエンドエンジニアがいるとは限りません。。制作するデザインはパターン化されており、コーディングについても古い技術を使っている場合があり、成長しづらい環境の場合もあります。僕がいる会社も誰も僕にデザインやコーディングの指導ができるレベルの人はいません。。
事業会社を選ぶ場合は、「成長できる環境かどうか」の基準で判断しましょう。

転職エージェントや転職サイトについては下記の記事を参考にしてみてください。
新人Webデザイナーが登録しておくべき転職エージェント
Webデザイナーの転職サイトは『Green』と『FindJob』の2つ

2. 派遣のWebデザイナーとして働く

あまりオススメできませんが、、派遣なら時短勤務はしやすいです。ただ下記の記事で書いてますが、ほとんどの場合はあまり成長が見込めません。
未経験から派遣のWebデザイナーになってはいけない理由
派遣を選ぶ場合は、どうにか派遣でもきちんと技術やデザインを教えてくれるような所を見つけるのが良いですね。

事業会社と派遣なら、断然、事業会社で正社員として働くことをオススメします。スクールや独学後に、どのように企業を選ぶかの基準にしてみてください。

Webデザイン+αで何ができるか考える

いま、Webデザインについて興味を持って取り組んでらっしゃると思います。WebデザインはWebやデザインに関連するあらゆるスキルの屋台骨になるベーススキルです。

そのため、デザインができれば、チラシやポスター、あるいはTシャツのデザインもできます。Photoshopができれば画像のレタッチが可能です(レタッチャーという仕事もあります)。コーディングができればブログやアフィリエイトサイトが作れます。Webにより詳しくなればWebマーケティングの分野にも進めます。サイトの運営を担うWeb担当者という職種もあります。コーディングができる事務職だってアリです。事業会社について言えば、もうありとあらゆる種類の会社が存在するわけです。

つまり、「Webデザイナー」という職種だけにとらわれず、デザインやコーディングの技術があれば、どんな仕事ができるだろう?どんな会社で働けるだろう?という広い視野をもって今後のことを考えると、道が開けてくるということです。いろんな可能性がありえます。

デザインもコーディングもできると、自分のアイデアを形にできて本当に楽しいです。その楽しさを忘れずに、自分がどうなれたら幸せなのかを考えて、今後のステップを検討してみてください^^

コラム①:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む
コラム②:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートWebistです。 ※現在はコロナの影響でこの2つのエージェントですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために登録しておきましょう。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートとWebistはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ 『Webist』公式サイトへ
コラム③:WordPressでポートフォリオサイトを作ろう!
ポートフォリオ用WordPressテーマ PORTFOLIOベーシック
テーマ制作者の顔

ねこポン
(テーマ制作者)

「手軽に自分らしいポートフォリオサイトが作れたらなぁ」という想いでこのWordPressのテーマを作りました。今だけモニター価格で980円!で提供しています。

ぜひ、このテーマをテンプレートとして自分らしいポートフォリオを作ってみてください♪WordPressの学習にも最適です。

ご質問や感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

    お問い合わせはこちら

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • ポートフォリオ用WordPressテーマ作りました!PORTFOLIOベーシック
    スクール23校をまとめました!Webデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザイン&プログラミングスクールを一部紹介!主要なスクール23校は『Webデザインスクールの一覧』でチェックしましょう。

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    デイトラ
    有料
    (¥89,800〜)
    オンライン
    (90日間/質問期間は1年)
    Webデザイン なし
    プロによる総評

    『デイトラ』はかなりコスパの高いオンライン完結型のWeb制作スクールです。格安ながらもデザインとコーディングのレビュー(添削)が受けられます。人気急上昇中でTwitterで受講生のツイートを見ない日はありません。「課題 + 課題のレビューあり + 質問し放題」というサービスを提供しています。

    デザイン力とコーディングスキルはレビューをしてもらってこそ急速に成長するため、かなりオススメのスクールです。というか今のところ低価格で他にデイトラのようなスクールが存在しないんですよね...。通学式のスクールに40、50万円も払う余裕はないけど、デザインやコーディングのレビューはしてほしい!という方はデイトラを受講しましょう。

    Twitter内にはデイトラの受講生がかなり多くいるので、一緒に学習を頑張る仲間も見つけられます。

    デザインを重点的に学びたい方は「Webデザインコース」、コーディングスキルを高めたい方は「Web制作コース」を受講しましょう。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    Famm
    有料
    (¥162,800)
    オンライン
    (1ヶ月)
    Webデザイン なし(案件獲得サポートあり)
    プロによる総評

    ママさん専用Webデザインスクールです。現在はコロナでライブ配信授業が中心です。なんと授業中は自宅にシッターを手配してくれるのでしっかり集中できます。受講期間は1ヶ月で5日間という超短期間なので、忙しいママさんでも時間を確保しやすいです。生徒はママさんだけなので、ママさん同士の交流も楽しめます。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ