Webの最新トピックを配信中!

新人Webデザイナーが登録しておくべき転職エージェント


学校や独学でWebデザインの基礎スキルを習得したら、転職エージェントの『ワークポート』『WEBtant』の2つに少なくとも登録することをオススメします。ワークポートは僕も使っている転職エージェントです。

未経験OKの転職エージェントは多くありません。
この2つの転職エージェントは、ともに未経験OKの案件を多く持っていて、なおかつ、ある程度規模の大きい企業も紹介してくれます
名前は出せませんが小さいエージェントに一度お願いしたら、聞いたこともない小さすぎるブラック感が漂うWeb制作会社を紹介されました。要注意です。

正社員のWebデザイナーになりたいなら『ワークポート』

特にワークポートは正社員のWebデザイナーになりたいなら登録は必須です。IT業界にかなり強く、膨大なWeb系案件を持っているため、未経験でもOKの求人が多く見つかります

僕の友人は、ワークポートで紹介されたWeb制作会社にフロントエンドエンジニアとして転職しています。年収も大幅に増え、教育体制もしっかりしているそうで、どんどんコーディングのスキルを成長させています。

僕がワークポートの求職者面談に行った様子を下記の記事でをまとめました。

【ワークポートの面談に行ってきた】膨大な案件量の評判は確か。未経験から正社員Webデザイナーを目指すなら登録必須

無料の研修が充実!『WEBtant』

『WEBtant』は、Web系専門エージェントのため、正社員や紹介予定派遣など雇用形態も選びやすく、求人数もかなり豊富です。

しかも、求職者登録をすると、無料で「はじめてのHTMLとCSS」「就職につなげるポートフォリオサイトの作り方セミナー」などの多くの研修が受講できます!独学で伸び悩んでいる方は、ぜひこういったセミナーや研修を受けてみてください。無料の研修を用意している転職エージェントは少ないため、『WEBtant』はオススメです。

ユニークな案件が豊富『クリーク・アンド・リバー』

僕は『クリーク・アンド・リバー』という転職エージェントから紹介されたWeb制作会社に、紹介予定派遣で入社して3ヶ月後に正社員になりました。お互いの相性を確かめてから正社員になれるこの紹介予定派遣の仕組みは、自分に合う会社に出会える良い手段なので、ぜひ検討してみてください。

クリーク・アンド・リバーは、Web以外にも映像系や広告に強く、他のエージェントでは見つからない求人に出会えることが多いです。『ワークポート』と『WEBtant』で物足りない!という方は、ぜひ登録をオススメします。

【クリーク・アンド・リバーの面談に行ってきた】Webデザイナーの紹介予定派遣ならココ。放送局や広告系案件も多くかなりユニーク

まずはWeb制作会社に入ってスキルを磨こう

就職エージェントには、ポートフォリオをPDFでストレージサービスを使って送っておくか、Googleドライブにアップし共有URLを発行してそれを伝えておく方法もあるし、あるいは印刷して冊子のクリアファイルに入れて仕上げたものを直接渡しておきます。

そして、Webデザイナーとして成長したい方は、ぜひ「Web制作会社を紹介してください」とお願いしてください。少しでも成長したいと思うなら、最初の企業は「Web制作会社」を選択しましょう。事業会社(自社の商品やサービスを持ついわゆる一般的な会社)はおすすめできません。
Web制作会社は、さまざまなジャンルのサイト制作を扱うので、ここで揉まれることで、デザイン力がグッとアップしやすいです。また、効率化を重要視するので、最新のコーディング手法も取り入れていたり、Webのエキスパートたちも多く最強の学習環境になります。

Web制作会社と事業会社での働き方は、下記の記事に詳しくまとめたので、参考にしてみてください。
Webデザイナーの働き方(企業とフリーランス)

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ