Webの最新トピックを配信中!

会社がつらい…行きたくない人にほどWebデザイナーになってほしい


どうせなら、手に職を付けて楽しく生きませんか?Webデザイナーという職種は、うまくハマると仕事なのに趣味のような楽しい毎日が過ごせます。

Webデザイナーから独立してフリーランスやアフィリエイターになる道もあり、年収大幅アップで自由な人生も夢ではありません。

僕の黒歴史とその克服

僕は新卒である企業に入社しましたが、ゴールデンウィークの時点で軽うつになってしまいましたw。朝は吐き気がして、体調不良やズル休みで欠勤する日が多くなり、結局ちょうど1年で辞めてしまいました。

その後も悲惨なものです。エンジニアになろうとアルバイト入社した会社ではまったく仕事についていけず5ヶ月で退職、タイマッサージ師になろうとバンコクに行って勉強したものの続かず…。その後またアルバイトで入った会社でも、だんだん会社に行きたくなくなってしまい、つい無断欠勤したら、自宅に警察がやってきて叱られました。20代後半で傷だらけのキャリアでした。

でも、たまたまハローワークで見つけた求職者支援訓練の「Webデザイナー科」のチラシに出会い、救われたのです。会社員としても、フリーランスとしても「仕事が楽しい!!」と思える人生になりました。だから、もしみなさんが今の会社や仕事に不満があるのなら、Webデザイナーという仕事を選択肢の一つに入れてみてほしいのです。

仕事がつまらないままなんてもったいない!

一生の大半は「仕事」をする毎日です。その仕事がつまらないなんて悲しすぎませんか?

仕事が楽しくなれば、人生が最高に充実します。僕はWeb制作会社に2年ほどいましたが、デザインやコーディングの作業が楽しくてしょうがなかったです。いや、つらい時もありますよ。残業続きの日も、JavaScriptが書けなくてでも納期が近いときは死ぬほど焦りますし…、でも、そういう苦難も含めて楽しいのです。仕事で関わるすべての作業に意味があり、成長する糧になっている感覚があるんです。

大げさですが、今は「僕はWebデザインをするために生まれてきたんだ!」という感覚がありますw。デザインやコーディングでサイトを作り、お客さんの商品やサービスを世の中に広めて、たくさんの人に知ってもらう、そこに関われることが幸せだし、自分にとって自然な状態であるという感覚があります。

みなさんにとっては、どんな仕事が幸せに、そして自然に感じますか?そんな仕事をしましょう!

Webデザイナーは会社員のなかでは圧倒的に自由すぎる!

私服OK、業務中にイヤフォンで音楽が聞ける、髪も染めていいし、ヒゲはむしろあった方がかっこいいかも、帽子かぶっているやつまでいる…w

こんな仕事、他にありますか?そう、Webデザイナーという職は、めちゃくちゃ自由なのです。もちろん職場にもよりますけどね。でも、しっかりと仕事をこなしさえすれば、あとは自由という考え方があります。

仕事とは成果を生み出すことです。ユーザーやクライアントに満足してもらえれば、それで十分なわけです。
ちょっと斜に構えた言い方をしますが、
スーツや制服を着せられて、業務中は背筋を正し、PCでネコ動画も気楽に見れず、無駄な残業の毎日を送って、ストレスを感じている状況は、あなたが本当に望んでいる「仕事」と言えますか?

僕は会社生活が2年近くも続いたのは初めてでした。普通の人から見ると「2年って短すぎでしょw」と思うかもしれません。それでも、メンタルが弱く電話にも出れないコミュニケーション能力があまり無い自分にとっては、よく続いたもんだと思います。それは、単純にWebデザインの仕事が楽しかったからです。また、自由な職場環境だったからです。

Webデザイナーの自由すぎる職場環境

コミュ症の人にほどWebデザイナーになってほしい

よく「Webデザイナーはコミュニケーション能力が必要」という発言や記事をを見かけます。これに騙されないでください。むしろコミュニケーション能力が低めの人がなる職業です。

僕なんか2年以上もWebデザイナーとして会社にて、クライアントの会社に行ったり、電話で対応をしたのは、数えるほどです。基本的にはずっとオフィスにこもって、デザインとコーディング作業をモクモクとしているだけです。日によってはほとんど誰とも会話してない日もありますw

クライアントとやり取りをするのは、基本的にはWebディレクターです。WebデザイナーはWebディレクターから仕事を指示されるのが一般的です。

「Webデザイナーはコミュニケーション能力が必要」という発言には、時代の変化によるものが大きいです。かっこいい・美しいデザインを作れば良い時代は終わり、売上などの成果を出す時代になったので、デザイナーもクライアントの要望を直接聞き取り、デザインに落とし込むことが重要になってきたのです。

でも、そうは言っても、今までのWebディレクター→Webデザイナーという仕事の流れはそう変わらないし、会社によっては一生変わらないでしょうw だから安心してほしいのです。コミュニケーション力に自信が無い人ほどWebデザイナーになってほしいのです。Webデザイナーという仕事には、こういうスキルがあれば誰でもカモン!という懐の広さがあるのです。

ただ、もちろんディレクターや同僚、上司など社内の人とは最低限のコミュニケーションは取る必要がありますよ。

転職やクビが怖い人生をやめませんか

僕はいわゆる総合職を否定するつもりはありませんが、様々な職を経験し、会社員として、人間として成長できる人はわずかだと思っています。

少し嫌な言い方をしますが、
結局は会社にしがみついてないと生きられない人が大多数じゃないでしょうか?数十年同じ会社か似たような業種の会社で働き続けてたのに、「あれ?自分ってなんかスキルが身についたのかな?」って不安になるのは恐ろしくないですか?

僕は会社の中では生きにくい人間なので、時間を使っているのに何かのスキルが身につかないことが本当に恐ろしいのです。

会社が悪いという意味ではありません。会社の中で自分の能力を開花させ、人生を楽しめる人もいます。でも、世の中の人全員が会社にフィットするわけではないということです。

会社に合わない人は、何か自分らしいスキルを身につけて自分をうまく会社にフィットさせるか、会社の外に自分がフィットできる居場所を作ることが大事です。
Webデザインができれば、ホームページはもちろん、LINEスタンプも、電子書籍も、アフィリエイトも、ポスターも、さらにスキルアップすれば、iPhoneアプリも、ゲームだって作れますよ!たくさんことができるようになって、本当にエキサイティングで刺激的な人生になりますよ!

そして、何より、自分自身に自信が持てるようになります。

自分に自信が持てず転職が怖い…、クビになったら独力では生活できなくて怖すぎる!…そんな人生嫌ですよw

このサイトでは、未経験からでもWebデザイナーとして働くためのテクニックをガッツリと解説します。ぜひ興味があればWebデザイナーを目指してください!一緒に頑張りましょう。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

“会社がつらい…行きたくない人にほどWebデザイナーになってほしい” への13件のフィードバック

  1. ジョセフ より:

    猫ぽんさん

    はじめまして。記事拝見致しました。
    猫ぽんさんの記事にはいつも勇気付けられています。

    現在、私は29歳でシステムエンジニアをしているのですが、
    WEBデザイナーを志してスクールに通っています。

    転職について相談させていただけないでしょうか。

    先日、転職エージェントに相談したところ、WEBデザイナーの世界は
    美大出身者などが担当しており厳しい世界であり、現実的な転職を考えると、
    コーダーやフロントエンジニアの方が現実的だという意見をいただきました。
    また、未経験からディレクターとしての転職も可能ということでした。
    一旦派遣社員として就業した上で、その上で正社員を目指すということも
    可能性を上げる一つの方法だと伺いました。

    私はWEBサイトのデザインからコーディングまで一連の流れを
    全て独力でできるようになりたいと考えています。

    猫ポンさんが仰る通り、WEB制作会社でデザインセンスと技術力を磨きたいと
    思っているのですが、未経験から派遣紹介社員や正社員としてWEBデザイナーに
    なるのは、やはり狭き門なのでしょうか。

    昨年11月から、スクールで学習し始めており、現在の業務よりずっと楽しく夢中に
    なれていたのですが、これからの人生を考えると不安になってしまったため、
    相談させていただきました。

    お忙しいところ恐縮ですが、お返事いただけますと幸いです。

    以上です。

    • ねこポン より:

      ジョセフさん、はじめまして。
      コメントをありがとうございます。

      有名なWeb制作会社や、名のあるデザイン事務所なら美大出身者で占められている事が多いですが、
      普通の中小の制作会社なら、自分のように文系学部出身者がふつうにデザイン作業をしているので安心してください。

      このサイトでは、未経験からすぐに正社員になることを強くオススメしています。
      下記の記事でも派遣があまり良くない旨の内容を書いています。
      ★未経験から派遣のWebデザイナーになってはいけない理由
      https://webdesigner-go.com/job/haken/
      ただ現実問題、首都圏ではない場合は求人数が少なかったりして、正社員になることが大変な場合はやはり派遣かアルバイトという選択になると思います。
      派遣やアルバイトになるのは首都圏に限って言えば狭き門ではありません。僕のいた求職者支援訓練でも卒業後に正社員や派遣になった人は多かったですし、ツイッターで多くの未経験のWebデザイナー志望の方をウォッチしていますが笑、印象ですが普通に派遣になっています。きちんと最低限のポートフォリオを用意すれば採用されますので安心してください。全然大丈夫です。

      システムエンジニアを経験されていたのはかなり有利ですね。コーディングやJS周りには抵抗感が少ないのではないでしょうか。
      僕はWeb制作会社の面接を受けたとき、「デザインをさせてくれ!」と猛アピールしました。その時言われたのは、「最初はどうしてもコーディングの機会が多くなるけどデザインもそのうちさせてあげます」でした。実際、2ヶ月後くらいにはページをデザインさせてもらうことができました。つまり、最初の入りとして、コーディングやプログラミングのようなスキルがあると、とりあえず採用されやすいです。まずは制作会社に入ることが先決だと思います。そこで折を見てデザインをさせてもらい、デザイン力を上げていき、どんどん仕事をこなしていく、という流れになるのがいいですね。

      デザインからコーディングまで一貫してやりたいですよね!僕もまさにそうです。
      それはフリーランスとしても強力な武器になりますし、何より自分ひとりでアイデアを形にできるのはすごく楽しいです。

      また不明点や不安などありましたらコメントをください。
      あ、未経験からディレクターはオススメしません笑。よほどタフな精神か逆に鈍感じゃないと務まりません。ディレクターに興味がある場合は、Webデザイナーとして現場を経験した上でディレクターになることをオススメします。

      • ジョセフ より:

        猫ぽんさん

        ご丁寧に回答いただき、ありがとうございます。。感動しました。

        やはり、エージェントからディレクターを勧められたのですが、
        コーダーかデザイナーとして就業してスキルを身につけたいと思います。

        すみません、追加で質問させていただきたいです。

        私は現在、SEとして働いています。先月はほとんど終電帰りだったこともありあまりwebの勉強時間をあまり取れませんでした。

        エージェントには29歳で未経験の場合は一旦派遣として就業することで、正社員になれる可能性が高まると言われました。
        猫ぽんさんの仰る通り、派遣に良いイメージがなかったのですが、正社員に採用されるまで、SEと就職活動や学習を両立するのも気持ち的にしんどいところもあります。気持ち的には辞めると決めていながら、SEをさせてもらい続けるのも、罪悪感があります。
        一旦、派遣になり、そこであまり業務での経験が詰めないにしても、SEを続けながらよりは正社員のwebデザイナーに近づけるのなら、その道もやむを得ないかと考えています。
        派遣の場合、業務時間もきっちり決まっていれば、業務で詰めない経験については自主学習しやすいと考えています。

        このような考えがあるのですが、いかがでしょうか。

        • ねこポン より:

          終電帰りきついですね。。おつかれさまです。

          派遣で大丈夫だと思います。
          派遣はよほど当たりの職場でなければ、しょぼい作業ばかりさせられてしまいますが、
          Webデザインの現場の雰囲気はつかめるでしょうし、作業工程にも一部携われるとしたら、良い経験といえます。

          ジョセフさんは、SEをされているならコーディングについてはすぐに習得できちゃうはずです。
          デザイン面をどうするかなので、「Webデザイナー」という求人枠で派遣が見つかるといいですね。
          「コーダー」で入ってしまうと、コーディングしかやらせてもらえないですからね。

          派遣(or紹介予定派遣)をしつつ、独学をしつつ、正社員採用を探すのがいいですね!

          • ジョセフ より:

            ねこポンさん

            お忙しいところ、早々にお返事をくださり、ありがとうございます。

            正社員から派遣社員になるのは、勇気がいりますが、自信を持って
            一歩を踏み出したいと思います。

            WEBデザイナーをやりたいと思った理由なのですが
            SEをやっていて思ったことが、すべて効率化のための仕事であって、
            自分の出したいオリジナリティーを全く出せないことができないという
            ことでした。
            考えることは、お客様のシステムがどうやったら効率よくエラーがなく動くのか
            自分の属しているPJがどうやったらうまく回るのか。
            こういったことを考えてもおもしろくなく、この仕事を一生したくないと
            思ったのです。

            自分の発想で良いものを世の中に発信するような仕事をしたい、
            もっと夢中になれる仕事をしたいとここ何年間か考えていましたが、
            安定志向が頭から消えず、この年まで会社に留まってしまいました。。
            面談の度にどうなりたいのかを聞かれましたが、仕事を続けた結果目指せるビジョンは
            興味のないものしかありませんでした。

            今目指すものが見つかり、仕事以外はとても楽しい時間を過ごせています。

            ウェブデザイナーといったクリエイティブな仕事は難しいイメージがあり、
            目指すべきでないと思っていましたが、ねこポンさんのこのブログは
            私の背中を押してくれました。

            本当にありがとうございます。
            これからも、愛読させていただきます。

  2. ねこポン より:

    ジョセフさん

    僕がWebデザイナーに初めてなったのも29歳頃です。
    だから正社員から派遣へのシフトは不安かもしれませんが、
    まったく遅いスタートではありません。
    むしろ転職せずこのまま40歳くらいになって、
    「あ、仕事なにも面白くないし、自分にスキルもない・・・」
    となるのは絶望的です。
    今回、早く挑戦する機会が得られて良かったと思います。

    一回きりの人生、自分が楽しいことを仕事にして、
    さらにお客さんに喜んでもらえるのが一番だと思います。

    デザインは一見オリジナリティと相反するように言われますが、
    10人のデザイナーがいれば10個の異なる制作物が生まれます。
    そこがデザインの刺激的なところです。
    おっしゃるように「自分の発想」という自分らしさを大事にしていきたいですね!

    また何かご質問や不安な点があれば、いつでもコメントをください。

  3. むー より:

    ねこポンさん、はじめまして。
    ねこポンさんのサイトで色々と参考にさせて頂いています。

    来年40才で、職業訓練を経て就活中です。年齢と体力面もあり、派遣、アルバイトの求人で探して、アルバイトとして、製作会社と小さな会社のWeb担当者の採用を頂きました。将来的に在宅で仕事をしたいと考えているのですが、やはり経験を積むには製作会社がいいのでしょうか?コミュ障なので、バリバリの若い人達の中で働くには抵抗があり迷っています。ちなみにWeb担当者の方は今はないポジションで、新たに作るための採用とのことです。

    お忙しい中申し訳ありませんが、お返事頂けるとありがたいです。

    • ねこポン より:

      むーさん、はじめまして。

      来年40歳という状況で、アルバイトとはいえ制作会社の内定を得たことは、本当にすごいことだと思います!おめでとうございます!!
      ちょっと業務内容が不明ではありますが、、Web担当者の方でも内定をいただけたのですね。

      将来的に在宅でWebデザイナーとして働きたいのなら、ぜひ内定したWeb制作会社に行きましょう。いずれフリーランスとして独立したいなら、制作会社でスキルをがっつり身につけるべきだと僕は思っています。
      たしかに職場には異様に若い連中がいるかもしれず不安だと思います。。ただ、みなさん素敵な人たちかもしれませんし、人間関係については実際に働いてみるまではわかりません。もし、どうしても性格的に合わなかったり、運用案件ばかりでテキスト修正やリンク張替えのような単純作業ばかりやらされるのであれば、その際は辞めればいいと思います。せっかくの大事なチャンスですので、今は、成長できる可能性が高い制作会社に行ったほうがいいです。

      少なくとも1年、できれば2年ほど制作会社でがっつりWebデザインの業務ができたら、どうにかフリーランスでやっていけるレベルにはなります。
      そこまでは修行の時期だと思ってがんばりましょう!大丈夫です。デザインやコーディングが好きなら忙しくても楽しめるはずです。(僕は体力的にせいぜい2年が限界でしたが笑)

      また進捗や不安な点などあれば、いつでもご質問をいただければと思います。

      • むー より:

        ねこポンさん

        すぐのお返事ありがとうございます。

        製作会社に入り、スキルを身につけてフリーへの道を目指したいと思います!!

        不採用続きで、正直、製作会社での採用が決まると思っていなかったので、うれしい反面、人間関係はもちろん業務面でもやっていけるか不安になってしまい、アットホームそうな小さい会社の方でとりあえずやってみるのがいいのかなと迷っていました。

        ねこポンさんが書かれているように人間関係も実際の業務も、入ってみないとわからないので、まず頑張って飛び込んでみます。適性は分からないですが、Webの勉強は楽しいので、できるだけ頑張りたいです。

        丁寧なお返事本当にありがとうございました。また何かあったら相談させて頂くかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

  4. こだっく より:

    ねこポンさん

    はじめまして。
    私は発達障害(診断済)とHSPがあり、どんな仕事が向いているのかインターネットで調べていたところ、ねこポンさんはじめ様々な方がwebデザイナーを勧められており、1年半ほど前から、独学で勉強を始めました。

    私は34歳と、この業界に入るにはやや高齢であることや、これまでの転職回数が大変多いことから、転職活動にはかなり苦労したのですが、最近、あるweb制作会社に派遣社員として就職が決まりました。
    (その前に、昨年、20人ほどのweb制作会社にコーダー(アルバイト)として入社していたのですが、あまりに職場環境が良くなくて、数ヶ月で退職してしまいました・・・)

    このブログで、「未経験から派遣社員になってはいけない」と何度も口酸っぱく言われていたのを重々承知していましたが、求人内容に「実務経験を積めるチャンス!」と書かれてあったのと、30社以上落ちていたこともあり、派遣で働くことを決めました。

    ただ、やはりねこポンさんのおっしゃる通りで、仕事が本当につまらないです・・・
    リンク張り替え、テキスト修正、画像書き出しの繰り返しばかりで、「この作業をずっと続けていって本当に実務経験が積めるのか・・・?」と疑問に思うばかりの毎日です。

    重ねて、オフィスが古いため、オフィスの至る所で椅子がギシギシ音を立てており、聴覚過敏がある私にとっては地獄です(涙)
    (※イヤホンで音楽を聴いている人は皆無で、どうやって音を防げばいいか迷っています。。)

    まだ勤務開始して2週間ほどなのですが、既に2日半ほど休んでしまい、このまま辞めてしまいたい思いと、ひとまず最初の契約期間(3月末まで)頑張らねばという思いと、とりあえず「web制作会社で働いている」という実績を積むために続けるべきなのかという思いが錯綜しております。。

    先述したように、感覚過敏(特に聴覚過敏)があるため、できれば早い段階で在宅で仕事ができるようになりたいと考えています。

    飽きっぽくて継続性がない自分に色々と非があるのは分かってはいるのですが、どうして良いか分からずにいます。
    もしねこポンさんが私と同じ立場であるなら、どのような選択肢を選ばれますでしょうか?

    長々とすみません。。

    お忙しいところすみませんが、何かアドバイスいただければ幸いです。
    どうぞよろしくお願い致します。

    • ねこポン より:

      こだっくさん、はじめまして!

      発達障害やHSP、そして聴覚過敏も抱えている中でこの就業状況はかなりしんどいですよね・・・。本当に毎日おつかれさまです。。
      このサイトでは1〜2年はWeb制作会社でスキルアップして、それからフリーランスとして在宅などでお仕事できるのがベストだと考えています。しかし、その実現が無理そうであれば、次の2点を検討するのが良いと思っています。

      1.楽しく働けそうな事業会社を見つけて転職
      2.アフィリエイターになる

      1については、どうしても現在と同様に単調な仕事につく可能性は高いです。しかし椅子など不快な音がしなくてイヤフォンをつけれる快適な職場に移れれば、だいぶ楽にはなるように思えます。
      事業会社を選ぶ際は、デザイン部などの部署があり、上司や同僚がWebデザインの高いスキルを持っている職場を探してみてください。そのような職場であれば事業会社でもデザインやコーディングのスキルが高められます。
      ただ、年齢がやや高いこともあるので、なかなか選べる会社が多くはないかもしれません。どうしてもWebデザインががっつりできない現場であれば、Webデザインのスキルを向上させることは少し諦めて、でもそのスキルを活用して、ディレクションやWebマーケティングなどその会社で楽しく取り組めることを模索してみるのがいいと思います。これについては2につながります。

      2ですが、これは僕の中でも方法論がまだ固まっておらずふわっとした提案になり申し訳ないのですが、、最終的に「アフィリエイターやブロガーとなること」もオススメです。
      Webデザインの基礎スキルを活用して、別の生計を立てる手段を作るのがよいです。それが例えばアフィリエイターやブロガーと言った広告収入を得る生き方です。1の方法で働きつつ、コツコツとアフィリエイトサイトを構築していきます。例えばサイトからの広告収入が15万円あれば、残り15万円ほどをゆったりと週3〜4日ほど派遣やアルバイトでWebデザイナーとして働いて稼げれば、なんとか生活はできるはずです。Webデザインの基礎スキルがあれば、WordPressのカスタマイズとかそのへんの素人よりははるかにできます。
      先ほど2につながると書きましたが、事業会社で働きながらSEOなどWebマーケティングを学びつつ、それを個人によるアフィリエイトサイト構築に活かすのも理想的な流れです。

      >もしねこポンさんが私と同じ立場であるなら、どのような選択肢を選ばれますでしょうか?
      僕自身もHSPで会社で働くことが超苦手な人間です。なので、まとめると、僕であれば「1の自分がどうにか快適に働ける事業会社を見つけて、同時に2のアフィリエイトサイトをコツコツと作っていき収入を増やしていく」になります。
      可能な限りストレスフリーで在宅働くには広告収入の道が僕的にはベストです。なぜなら在宅フリーランスでも大量のデザインとコーディング業務をこなす場合、業務量的には会社員と変わらないか、土日も働くなどもっと過酷な状況になりえるからです。

      アフィリエイトやAdsenseについては現時点ではこのサイトでは解説できておらず申し訳ないです。いまはそういう生計の立て方があると知っておくのがいいと思います。それよりは、まずは「快適な事業会社を見つけること」をオススメします。ストレスの少ない職場を見つけることが、まずは打開策だと思います。

      現在の会社は精神的にどうにか続けられるのなら3月末まで働いて、でも、どうしても無理ならすぐにでも辞めたほうがいいと思います。。僕なんて20代で5社くらい転職してるし、無断欠勤してしまって自宅に警察が来てしまっているくらいなので安心してください笑。もっとダメ人間はいますよ笑!!自分を責めたりしないでくださいね。自分が幸せに働ける職場を見つけること、それができないならアフィリエイトなど幸せに働ける状態を自分で作ること、これを目指していくのがよいです。

      楽しく働くことってけっこう難しいですよね。僕もそうですし、世の中には普通に会社員として働けない方がたくさんいます。どうにかそういう人たちが幸せに楽しく働けるように尽力していきたいです。ポートフォリオのテンプレを用意したりはしていますが、他にもいろいろ無料の教材を作りたいのですが、、一人なのでなかなか遅々として進んでいませんが。。

      また状況が変わったりして、不安や疑問などあればいつでも質問してください^^デザインやコーディングは本来とっても楽しい遊びです。その気持ちを忘れないでほしいです。

      • こだっく より:

        ねこポンさん

        お返事がかなり遅くなってしまい申し訳ありません。
        そして、大変丁寧に質問に答えてくださり本当にありがとうございます…!

        私は、新卒で入った会社では1ヵ月後に心療内科のお世話になり、1年後にうつ状態になり休職して後に退職、それから20回以上転職している、ねこポンさんをはるかに上回るダメ人間なのですが(汗)。。

        >自分を責めたりしないでくださいね。自分が幸せに働ける職場を見つけること、それができないならアフィリエイトなど幸せに働ける状態を自分で作ること、これを目指していくのがよいです。

        こんなポンコツな私に、会社の選び方含め具体的かつご親切にアドバイスくださって本当に感謝します。
        「どうやって我慢していくか」ばかり悩んでしまっていたのですが、無理に我慢する必要はないんですね。。

        ねこポンさんにご相談して、ひとまず3月末までは続ける方向で、その間に就職活動やアフィリエイトを並行してはじめていこうと思えました。

        また、最近少し動きがあり、お聞きしたいことがございます。

        今週頭に派遣会社の営業担当と面談があって、現在の就業先ではスキルアップが見込めそうにない(今後、コーディングをメインにやっていきたいが、テキスト更新やリンク張り替えがほとんどでコーディングの実績を積めないのではないか不安である)ことを伝えたら、

        >今の業務では「コーディングの実績は積めない」とのお話でしたが、コーダーはコーディングをしてきた人だけがなるものではないそうです。
        大手サイトにて更新や修正業務をされることは、ステップとして十分に「実績」となります。
        サイト更新や修正業務から実務経験を積み、徐々にコーディングメインの業務へステップアップしていかれることが良いのではと考えています。

        との返信が来ました。

        コーダーはコーディングをしてきた人だけがなるものではないとはどういうことなのか疑問に思ってしまい、更新や修正業務(※ただし、コード自体を修正して組み替えたりすることはほとんどない)でも「実績」になるのか、教えていただきたく思います。。

        度々すみません。。
        お時間がある時で構いませんので、どうぞよろしくお願い致します。

        • ねこポン より:

          こだっくさん

          20回以上転職されているのですね!それはすごい経験です。それだけ大変な想いをしたなら、同じような悩みを抱える人の気持ちに今後は寄り添えるでしょうし、強力なエピソードトークを手に入れたようなものです。そして心が繊細な人ほどデザインの作業には向いています。むしろ取り柄としてこの性格を生かしていきましょう!

          >「どうやって我慢していくか」ばかり悩んでしまっていたのですが、無理に我慢する必要はないんですね。。
          この言葉はとても心に刺さりました。僕もそうですが、「人生は我慢しなきゃいけない」と大人になってから思い込んでしまってるんですよね。。しかし、じゃあ我慢しなけりゃいいじゃん、とそう簡単にはいかないのが厄介で、、自分を解放するためには、自分が心から打ち込める仕事を見つけるのが良さそうですね!

          アフィリエイトを学ぶ際は、妙な有料商材を買わないように注意してくださいね!魑魅魍魎が跋扈する世界です。高額な有料note記事や情報商材を売りつける悪い人たちが多いので気をつけてください。
          アフィリエイトというより、まずはWebマーケティングの基礎を習得したほうがいいので、下記の記事を参考にしてみてください。小手先のアフィリエイトテクニックを学ぶのではなく、Webマーケの基盤となる知識をこの書籍で学びましょう。

          ★Webマーケティングの基本はこれで習得!面白すぎる2冊の本
          https://webdesigner-go.com/web_marketing/book/

          派遣会社の方との面談ですが、なんだか禅問答のようで一瞬理解に苦しみますね笑
          たしかに一理あるとは思います。更新や修正作業を繰り返して、そのサイトの構造を理解したら、例えばそのサイト内に新規ページを追加する際にゼロからコーディングする機会が与えられる可能性はあります。ただそれはその会社内での話です。

          転職活動で面接の際に「前の会社では更新や修正作業をしていました」と言っても、正直それはコーディングの実績としてはあまり認められないです。僕も面接官をやることがありますが、候補者の方に必ず聞く質問が「サイトをゼロからコーディングしたことがありますか?」です。この経験がないと基本的には採用しません。

          でも、もし個人プロジェクトでいくつかサイトを作っているなら話は別です。会社ではサイト更新作業をやっているだけでも、プライベートでいくつかサイトをゼロからコーディングしていて、ポートフォリオでそれを見せられたら、「おぉ、ちゃんとがっつりコーディングできるじゃないですか!」と高評価になります。
          なので、会社で実績が作りづらいなら、個人でサイトを作ってポートフォリオに掲載して
          アピールするのはかなり有効なので、余裕があればぜひトライしてみてください。

          またなにか進捗や疑問などありましたら、自由にコメントをしてください^^

むー にコメントする コメントをキャンセル

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • おすすめのWebデザインスクール一覧

    授業料は無料?有料?通学式かオンラインなのか?など、金銭面や自分の生活スタイルに合わせてスクールを選びましょう!プログラミングを無料で学べるスクールも紹介!

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    TechAcademy
    Webデザインコース
    有料
    (¥139,000 〜)
    オンライン
    (4週間〜)
    Webデザイン 転職サービスあり
    (スカウト制度)
    プロによる総評

    4週間から短期で受講可能なオンラインのスクールです。週2回メンターにビデオチャットで質問ができ、毎日15時〜23時の間に不明点をチャットで質問可能。「Webデザインコース」がおすすめ。ある程度自習ができて最低限のメンターによるサポートが欲しい人におすすめのスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ